涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団in西宮に集合よ!オーバー♪ 涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団in西宮に集合よ!オーバー♪

涼宮ハルヒの憂鬱とは

アニメブームのきっかけとなった代表的な作品。原作は谷川 ながるによるライトノベル。出版物累計1650万部、世界15カ国で発売され、熱心な多くのファンを持つ。原作シリーズはSFとして文学的評価も高く、2019年には角川文庫からも刊行されている。北高で出会ったキョンとハルヒが「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団」通称SOS団を設立し、宇宙人、未来人、超能力者の部員たちとともに愉快で不思議な学園生活を繰り広げる。
アニメの放送開始は2006年4月。2009年に第2期放送、2010年に劇場版「涼宮ハルヒの消失」が上映され、京都アニメーションのクォリティの高さが評判となった。

涼宮ハルヒと西宮市

原作者である谷川流氏は西宮市出身(県立西宮北高校、関西学院大学)。涼宮ハルヒシリーズには「西宮」とは書かれていないが、街なみや自然などの描写で市民にはすぐにピンとくる。アニメでは風景がリアルに描かれ、その美しさが話題となり、舞台となった場所に行きたい=聖地巡礼という楽しみ方が始まった。作品放送が終了してから10年以上経った今でも、多くのファンが西宮を訪れている。

訪れてみたい日本のアニメ聖地

クールジャパンとして海外からも注目を集める日本のアニメ。その舞台となった場所を訪れたいと願う人たちと地元を繋ぐのがアニメツーリズム。数ある作品の中から国内外のアニメファンを対象とした投票結果をもとに毎年選定されている「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」には全国の自治体からも大きな期待が寄せられている。 
西宮では2018年版に「長門有希ちゃんの消失」が選ばれたのに続き、2019年版、2020年版には「涼宮ハルヒの憂鬱」も選定されている。


一般社団法人アニメツーリズム協会のサイトへ

涼宮ハルヒの憂鬱 聖地巡礼マップができました。

アニメの聖地を訪ねる
マップができました

「涼宮ハルヒの憂鬱」の聖地、西宮を見て歩こう!アニメに登場した場所約25箇所をマッピング。西宮のおすすめスポットも紹介していますので、市内探索も楽しんでくださいね。

配布場所はこちら

「クリエートにしのみや」のご案内

スマホアプリ ARUNOで、聖地巡りをもっと楽しく

聖地に着いたらその場所が登場したシーンの画像やセリフが飛び出すAR(拡張現実)や、行き方案内の詳細地図、ハルヒと一緒に写真が撮れるフォトショットなど、便利で楽しいコンテンツを搭載しています。

ARUNOについて

スマホアプリ ARUNO(アルノ)
涼宮ハルヒの憂鬱

活動履歴

ごめんなさい、思い出しながらまとめてます。今少しお待ちください。

とりあえず、昨年(2019年)夏のスタンプラリーの特設ページは、こちらからご覧いただけます。
Click and Go

ないんだったら作ればいいのよ

オリジナルグッズできました!
記念にどうぞ

待望のグッズです!!高精細印刷で仕上げたB2判のハルヒアップのポスター。肌の色、背景の赤ベタ・・・その美しは違い歴然。さらに、オリジナルカードも販売。お気に入りの絵柄がゲットできるか、運だめしにお買い求めください。
皆さんのお声があれば、新しいグッズができるかも。